合格集中講座とは

HOME > 合格集中講座とは > SLEソフトの詳細

SLE(System to learn effectivel)ソフトの詳細

 学習効率を加速させるSLEソフト
   情報の一元化
   真の実力養成
 独自の機能
   ツリー表示
   演習問題はDouble Checkで
   条文のポップアップ表示
   ポイント判定システムとトントン機能
   弱点を明確にする成績管理

学習効率を加速させるSLEソフト

情報の一元化

SLEソフトには、行政書士試験を突破するのに必要なテキスト、問題集、条文、判例など、
すべての情報を一元化し、徹底的に学習効率を追求しました。
情報の一元化

真の実力の養成

真の実力を身に付けられる教材とは何か―。
長年、教材制作に携わってきたプロが、ソフトにしかできないことソフトだからできること
徹底的にこだわって開発したプログラムです。
教材のコンテンツとプログラムとを一体的に開発したシステムだから短期合格を可能にします。
SLEソフトの特徴

独自の機能

ツリー表示

体系を明確にするために目次をツリーで表示。学習中もどこを学習しているかが明確になるので、
たえず体系的な位置づけを意識しながら学習することができます。
 

ツリー表示  基本説明
過去問を解くのに必要な知識を抽出し、わかりやすく説明
    
 演習問題
演習問題で理解を確認
    
 確認テスト
1つの事柄について正解が○と×の2通りの問題をシャッフルして出題
    
 誤答問題 
確認テストで間違えた問題を徹底的に復習
演習問題はDouble Checkで

演習問題では、1つの事柄について、正解が○になる問題と×になる問題を用意し、
シャッフルして出題します。
正解が反対になる問題をセットで学習することで、正解に到る思考過程を意識した
学習ができるようになっています。また、1つの事柄を表と裏からダブルでチェックするため、
しっかり記憶に残ります。

条文のポップアップ表示

法律の学習が始めての方も、条文番号をクリックすると、条文がポップアップで表示されるので
スピーディに学習できます。
条文のポップアップ

ポイント判定システムとトントン機能

キーワードを入力させる問題では、全部の文字を入力するモードのほかに、1文字だけの入力で
正誤判定するポイント判定システムを採用しました。たとえば『有効』と解答するの場合は、
「ゆ」と入力する だけでOKです。
さらに『F2』キーを押すと、自動的に入力欄を埋めていきますから、パソコン が苦手な方でも、
スピーディにリズムよく学習することができます。

弱点を明確にする成績管理

成績表では、各項目の正答率を一覧できるだけでなく、過去3回分の成績の推移も一覧できる
ようになっています。 また、100%正解した項目は青で表示されますから、できたところと、
そうでないところが一目瞭然です。全部の項目が青になったとき、合格はもう目の前です。